ニューヨク1の危険地帯、ハーレムにアウトローairbnb民泊したら、とても街を深く知れた話。



ニューヨークに民泊してきました。

と言っても、NYの夜景の見えるラグジュアリー民泊ではなく、アーティストと過ごすブルックリンのおしゃれ民泊でもなく、NY1の貧困エリアと言われるハーレムでの民泊なのです。

今回の物件はこんなとこ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-04-9-16-46

 

「元」凶悪地区、ハーレム

img_0115

ハーレムと言っても、場所はひろし。

東側が一般的にアフリカ系のエリアであり、西がスパニッシュハーレムといわれる、ラテンアメリカからの移民が多く住むエリアです。

僕は今回このスパニッシュハーレムの高級住宅街と言われる、ワシントンハイツというところに泊まってきました。

 

見える景色は、あのセントラルパーク以南のマンハッタンの持つ、豪華でリッチな顔とは異なりまして、もっと生活感があって、人間臭い、そんなものでした。

 

ハーレムといえば、一昔前まではとても恐れられていた場所。

貧困街と言われるだけに、犯罪が非常に多い地区であり、こんな場所に行くなんて誰も信じられないというようなところでした。

しかし、最近では治安も改善され、夜に出歩いても問題がないという!

もちろん銃社会アメリカ、注意は必要ですが、確実にニューヨークの治安は改善されています!

 

ハーレムの民泊泊まってきた。

 

まず、早朝のハーレムに到着。ホストと駅付近で待ち合わせです。

なんとなく淀んだ空気が、面白い滞在ができる予感を掻き立てます。

ホストさんはウクライナ人。他のルームメイトもイタリア人2人に、アメリカ人。さすがは多国籍なニューヨークって感じ。

こちら今回のお部屋。

dsc00212

dsc00216

リビングもかなりおしゃれなシェアフラットです。

dsc00217

マンハッタンの地図がかけられてるのがまたオシャン。

dsc00218

ニューヨーカーは本気で忙しい!

みんな仕事で、帰ってくるのは遅く、朝も早い。

何故か、ニューヨークにいると僕も忙しくなるもので、

ルームメイト達とあまり会えなかったのが残念であります。

 

ニューヨークのもう一つの顔。

 

ここハーレムに泊って、日々を過ごしていると、ニューヨークのまた別の顔が見えてきます。

dsc00272

一般的に、ニューヨークのイメージとは摩天楼のそびえ立つ、世界の最先端の世界だと思われますが、その反対に、厳しい生存競争から漏れざるをえなかった人々の生活空間も存在しているのが事実です。

 

実際に、ここハーレムは、アメリカの歴史と深く結びついてきたアフリカ系アメリカ人達が自分たちの文化を育んできた場所。

通りを歩けばタイムズスクエアなんかでは絶対に見られない景色が広がっているのです。

img_0117

毎日、ハーレム1番の大通りには露店が出て、場合によっては、露店すら持たない人が手売りで、世界最先端のNYらしからぬ光景で商売しています。

地元のアーティストが自分の作品を売っていたりも。

img_0128

 

ハーレム、ご当地フード!

img_0114

マンハッタンにありながら比較的物価の安いハーレムでは、食事もリーズナブルにいただけます。

img_0134

ホットドックからアラビックフードまで色んな食べ物をものの数分で作ってくれるフードワゴンがそこらじゅうにあったり、

img_0113

アフリカ系アメリカ人独自の食べ物として未だに残る、ソールフードというのも、ぜひ一度お試しあれです。

 

文化息づく街、ハーレム。

img_0157

さらに、やはりハーレムと言ったら、なんと言ってもアポロシアター。

マイケル・ジャクソンやスティーヴィー・ワンダーを輩出してきた超有名なシアター。

img_0149

毎週水曜日に行われるアマチュアナイトという、若手ミュージシャンが登場するパフォーマンスショーは見る価値あり!アメリカの持つ、エンターテインメントという産業のエネルギーに圧倒されます!

 

さらに、ハーレムにいるならばJazzを聞かずして終われない。

町中にジャズバーが無数にあるのです。

img_0132

値段も安く、ビール一杯でも素晴らしい演奏が聴けるので、足を運んでみると面白い。

 

img_0123

ハーレムでは、ニューヨークの持つもう一つの顔がそこらじゅうにあります。

安い食堂でピザを食べてる時に、スーパーで買い物している時に、日が暮れて怪しい雰囲気になり始めた時に、常にハーレムの持つ魅力が垣間見れるのです。

 

airbnb滞在とは、その場所に住み、現地民と暮らすため、その場所をより深く知ることができます。

たまには、少しアウトローな、ハーレムのような文化溢れるところにどっぷ浸かってみるのもいいのでは?