民泊するなら、田舎に泊まれ。水の都スウェーデン・ストックホルムのairbnb民泊事情。



ヨーロッパ、2回目の民泊は、スウェーデン!

北欧家具などでその可愛らしいデザインとカラフルな色使いで有名なスウェーデンですが、もちろん街並みもとっても綺麗!

他のヨーロッパ諸国にはない豊かな色が街中を彩っています。

dsc09721

この国は、北欧。

イメージ通り、寒い!

年間の日照率も低く、滞在中に一回も太陽を見ることすらありませんでした(驚)

しかし、そんな人々の心に陽を灯すように、街中は色とりどりの雑貨に建物に、溢れています。

dsc09709

 

スウェーデン、実はハイテク都市としても有名です。

多くのものが全自動化され、硬貨紙幣を受付ていない、クレジットカードまたはオンラインペイのみなんてところも増えてきているほど!

 

もちろん、民泊も定着していないはずがありません。

特に首都ストックホルムは、いたるところに民泊物件が溢れています。

 

ストックホルムの民泊事情

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-16-29-07

当然ながら、airbnb計測不可能の、300件越えは当然。

特に人気のエリアは、以下の3つ。

 

旧市街・ガムラスタン

dsc09655

地図中央に位置する島。

実は、ストックホルムは大小様々な島の集合都市。

全て道路や路線で繋がれていますが、そのため水の都としての美しい街並みでも有名です。

その中で、一番の観光エリアといえば、ここ。ガムラスタン。

古い町並みの残る、旧市街です。

人気エリアのため平均宿泊料金は高めですが、こんな素敵なところに滞在できたら夢のよう??

 

ダウンタウン

dsc09675

ホテルからホステル、ゲストハウス様々な施設が充実しているのは間違いなくダウンタウン。ガムラスタンの島の、ちょうどすぐ北に位置します。

ガムラスタンまでも徒歩圏内という場所で、何一つ不自由しない滞在ならダウンタウン。

程よく、無駄無く栄える北欧の都市は、アジアのひたすらに高層ビルのそびえ立つ大都市とはまた違う魅力を持っています。

 

南ストックホルム

dsc09635

ガムラスタンの島の南に位置しているのは、レジデンスエリア。

もっともスウェーデン人の暮らしをストックホルムで見ることができるエリアだと思います。

ダウンタウンまでは電車を使うことになりますが、交通網も発達しているスウェーデンでは何の問題もなし。

 

田舎に泊まろう!

 

しかし!

今回僕は、首都ストックホルムを離れ、田舎に民泊滞在してきました!

 

何故か。理由は、自然豊かなスウェーデンを、都市を離れて感じてみたかったから。

特に今は、紅葉のベストシーズン!

dsc09770

そして、これまでの経験上、最高の民泊に出会えるのは、実は都市部ではなく、田舎なのです!

 

都市の民泊も素晴らしい。何より、民泊を拠点として、街の観光が自由自在にできるから。

しかし、観光地化され、忙しい都市部の人々の暮らし。

ホストさんとの交流があまりできなかったり、民泊だからこそできるはずの体験が、少し希薄になってしまったりするのです。

 

しかしここ田舎では、民泊で一番見えるもの、そこに生きる人々の本当の暮らしや、温かさのようなものをより深く知ることができやすいと思うのです。

 

もちろん、基本、公共交通機関のなくなるこういった場所では、都市部でできていたような自由な行動だったり、街の観光だったりはできなくなります。まず田舎は観光地じゃないですしね(笑)

しかし、その辺の商店だったり、犬を散歩させてる道行く人だったり、その国にある当たり前の日常を一番身近で覗くことができるのは、田舎民泊が一番なのです。

 

というわけで、ストックホルムから電車で1時間半の場所に、今回は民泊滞在してきたのです!