朝から朝まで!?寝る間も惜しむオクトーバーフェストの、キャンピングカー民泊!?



ドイツ・ミュンヘン、キャンピングカー生活で楽しむ、オクトーバーフェスト。

その体験記を綴っていきます!

価格高騰 オクトーバーフェストどこ泊まる!? 迷わず最安、キャンピングカー泊まってきた。ドイツ・ミュンヘンの民泊事情。



前回記事でご紹介しました通り、ドイツ・ミュンヘンの、物価大沸騰のオクトーバーフェストの時期。

僕は最安宿泊施設、airbnbで見つけたキャンピングカーに泊まることになったのです。

 

キャンピングカー生活ってどんなもの?

img_3016

今回のキャンピングカーがこちら。

もちろん、その辺の道端にドンと置かれていて泊まるわけではありません。ホストの家の敷地内に駐車されているものに泊まるというスタイルです。

img_3015

コンセントに、暖房機器、キッチン、トイレにシャワー(シャワーは他建物内)も完備される、なんの申し分もない宿泊施設。

車泊と聞いて、びっくりするかもしれませんが、これがなんも問題もなく、非常に快適に過ごすことができたのです。

 

バレエ教室に、キャンピングカー!?

 

そして、今回のホストは、ドイツ人の、バレエの先生!?

14646658_909886219141845_1041463654_o

実は、この敷地とは、ホストのお家であり、キャンピングカーの駐車場であり、さらにホストご自身が経営される、バレエ教室(ダンス教室)なのです!

img_3017

*バレエ教室の入り口

特に、子供をターゲットとしたこの教室には、朝から晩までバレエ着に身を包んだ可愛らしい子供達が元気にやってくるのです。

こんなところに、この髭面の東洋人がキャンピングカーに寝泊まりしているというのも、よく苦情が出なかったとは思いますが、日夜平和なミュンヘンの街はずれ。

 

オクトーバーフェスト

 

レッスンにホストさんは、毎日大忙し。

しかし、この期間は、宿泊客であるこちらも大忙し。

なんてったって、オクトーバーフェストがありますから!

dsc09279

オクトーバーフェストは、朝から、夜の23:00まで期間中毎日開催されています。

3泊4日宿泊しましたが、その毎日をオクトーバーフェストに捧げました。

 

ビールは夜飲むものだけではありません。

朝から飲むビールも、これまた格別に美味しいのです。

dsc09374

特に、この特別な空間は、朝も夜も、変わらない大混雑。

世界中からビール好きが溢れかえる、そんな時間を心置きなく一日中楽しめるのです。

dsc09369

ちなみに、ビール会場だけでなく、敷地内には、アトラクションが多数設置され、この空間は大きな大人の遊園地へ。

酔っ払ったあとに、ジェットコースターに乗りまくる、これがドイツ人の楽しみ方。

dsc09362

もちろん、夜になれば、その熱気はピークに。

会場には、各ビール会社が建てるビールテントで、1Lビールを楽しめます。

dsc09276

超盛り上がりのテント内で、歌とビールとドイツ料理に囲まれれば、時間はあっという間に終了時間に。

日を跨ぐ前に終了するオクトーバーフェストですが、まだまだ騒ぎ足りない人たちは、そのまま周辺のバーやクラブへ流れ込むというルートが確立されております。

深夜も動いている公共交通機関も助けて、ミュンヘンの夜は、まだまだ終わることを知りません。

そうして、気がつけば、朝。そしてまたオクトーバーフェストが呼んでいるのです!?!?

 

そんなことをしていると、今回のキャンピングカー生活。このキャンピングカーは、朝帰り仮眠専用の、簡易宿泊施設として大活躍。

実際に、滞在期間中、オクトーバーフェストに呼ばれすぎていたもので、キャンピングカーでの生活時間は極めて少なかったのです。しかし、むしろ、それだからこそ、これぐらいの簡易な場所は最適なのでした。

 

オクトーバーフェストに高いホテルなんか泊まったら、もったいないかもしれませんね!

そんなこんなで、最高に楽しめた、そしてそれを最高にサポートしてくれた、キャンピングカー民泊なのでした。